ぼちぼちいこか♪  

boti1koka.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:出産( 2 )

記念に残る(?)クリスマス

12月25日ですね。

一年前の12月25日に 産み分けのために初めて産婦人科に行きました。

男の子2人だった私は、「女の子も育ててみたいな~」という気持ちはありました。
だけど、実際、産み分けに通う何てことは 本気で考えてはいませんでした。
仕事も忙しいし、上の子たちはどんどん大きくなっていくし・・・
このまま タイミングを逃して 結局は2人兄弟で終わるんだろうな、と思っていました。

だけど、去年、私にとって 大切な出会いがありました。

私がこの度 出産した総合病院を早期退職した50代の看護師さん。
(産婦人科の看護師さんではありません)

「もう一人がんばったら?女の子もいいよ~。 助産師長さんと知り合いだから産み分けやってるか聞いといてあげるよ」と 何度も私に言いました。

「そうですね~」と曖昧な返事を繰り返していたのですが、
12月に入って、その元看護師さんのプッシュが頻繁になり、「総合病院の電話番号、私のケイタイに入ってるから今からかけて!」 などなど。
勇気がなく、「今の仕事が一段落したら」と断り続けたのですが、とうとう12月25日に産婦人科に行くことになりました。

それから あれよあれよ と言うまま、産み分けを実践し、そして、めでたく妊娠し、10月27日に出産に至ったのです。

あの元看護師さんと出会わなければ、今、この子を抱いてはいないでしょう。

本当に感謝、感謝です。

なんだか、この子の出産に関しては運命を感じています。

1年前には、今の私が赤ちゃんを抱いているなんて想像もしていませんでした。
当たり前だけど、お腹にもいなかったし、その時の生活で精一杯でしたから。

何度も何度も私の背中を押してくれた 元看護師さん、私と向き合って色んな方法を考えてくれた 産婦人科の先生、感謝の気持ちでいっぱいです。

今の気持ちを残しておきたくて、ブログに投稿しました。

運命の第3子、yui を大切に育てていこうと思います。
[PR]
by botiboti1koka | 2008-12-25 16:47 | 出産

出産

忘れないうちに 出産について 残しておこうと思います。

予定日は10月24日(金)

24日 小学校の参観日に無事行くことができる
25日 息子2の友達家族 何組かでバーベキュー 無事参加できる
26日 息子1のサッカーの試合を無事に見に行くことができる
 
  26日のサッカーは小3以下の試合なので 見ごたえがあるはず・・・・・・ と とても楽しみにしていたので見にいけて本当に嬉しかった。 息子達のチームは 優勝しました。パチパチパチ~

26日 サッカーの人たちと同じ車で行くと 疲れたとき途中で帰れないだろうと 一人で片道30分かけて車を運転して見に行きました。
夕方、試合が終わり、 車の中で 
「赤ちゃん、お利口だったね~。もう いつ産まれてもいいからね~」
とお腹に向かって話しかけました。

16時に帰宅し、「寒かった~。トイレ トイレ」 と トイレに行くと 、まさかのおしるし。
上の2人もおしるしから24時間たたずに産まれているので、
「こりゃー、朝までには産まれるわ」 と 入院時に持っていくものを玄関付近に運ぶ。
そして、すぐ入浴。

産院からもらった説明書を読みかえすと 「経産婦はおしるしでも連絡してください」 と書いてあったので
19時に産院に電話。
「16時ごろ おしるしがありました。でも、陣痛はまだです。夜中にもう一度電話するかもしれません。」
と言うと、「一応、入院の準備をして来てください」と・・・
「いえ、まだいいです。陣痛も始まっていませんから」
このようなやり取りを何度か繰り返し、結局19時すぎに 産婦人科に行くことに。
しかも、まだ家族は誰も帰って来ておらず、自分で運転して産婦人科にいきました(片道10分ほどです)

19時半 産婦人科に到着 

     診察をしてもらうと 子宮口が3センチ開いているとのこと

     先生 「このまま入院してください」
     私  「まだ陣痛も始まっていないので、一度 帰って休みます」

     何度か こういうやり取りをしたのですが、結局 「経産婦」ということで入院することに。

21時  夫が義母と一緒に 産婦人科に。(同居ではありませんが・・・)
     
21時半 立会い出産の予定でしたが、陣痛も始まっていないので1回帰ってもらいました。
     義母には私の車に乗って帰ってもらいました。

22時   陣痛が始まる 10分間隔

23時   5分間隔

23時半  子宮口 8センチ
      夫、子どもに来てもらう

===10月27日===

0時  ほぼ全開

それまで助産師さんと看護師さん2人だったけど ここで産婦人科の先生 登場

痛さも全開で 夜中に 「痛い~」と 大声で叫んだ私・・・
総合病院で産婦人科と小児科はつながっているというのに^^;

痛さに耐えられず、陣痛の合間 体を少し起こして 先生に 「先生、ひっぱって!」 と吸引をお願いしてしまいました。
しかも、吸引準備の最中、「先生、はやく~」と・・・(恥)

1時10分 第3子である長女 誕生
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
40週3日

体重 3326g
身長 50.5cm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
時間としては3時間10分で早かったけど、やっぱり痛かった~~
もう いいわ~

でも、かわい~赤ちゃんを授かって本当に幸せです♪

夫は立ち会いましたが、子ども達は隣の陣痛室にいて、産まれてから 分娩室に入りました。

小さい赤ちゃんに おっかなびっくり で子ども達は「近くにおいで」と 言っても なかなか近づきませんでした^^


実は男女産み分けをしたのですが、このお話は また今度^^
[PR]
by botiboti1koka | 2008-11-28 17:08 | 出産